STAY FREE

自由になるためには…覚悟と実力が必要なんだと気付いたのさ

日本史上最大の決断【映画】日本のいちばん長い日

time 2015/08/15

日本史上最大の決断【映画】日本のいちばん長い日

久々に映画館で映画を見てきました。

日本の一番長い日
1967年(昭和47年)に制作された映画のリメイクです。

鈴木貫太郎内閣の組閣から昭和天皇の玉音放送までを描いたもので、まさに70年前の今日(8月15日)の出来事です。

こういう緊迫した雰囲気はなかなか本では伝わらないので、たまには映画も良いですね。
戦闘シーンなど激しい場面はあまり出てこないのですが、退屈することもなくこのタイミングで見に来て良かったな、と思える映画でした。

阿南陸軍大臣(役所広司)の切腹シーンや、終戦の最終決断をした昭和天皇(本木雅弘)の心情を考えると今日本でおきている問題についても深く考えさせられました。

今安全保障関連法案で日本が揺れていますが、著名人やミュージシャンなど誰かの受け売りで安易に賛成・反対と言うのではなく、歴史(事実)を知り、現実を見て自分の頭で考えないといけませんね。

何も知らずにデモに参加したり、綺麗ごとを言うだけでは平和ボケと言われても仕方がないと思います。

今ちょうどBSで前作が放送されていたので見ましたが、こちらは昭和天皇が殆ど出てきませんでした。
それだけ昭和天皇について触れても良い時代になったと言うことなのでしょうね。

しかしポツダム宣言を受諾せず、本土決戦となっていたら今頃日本はどうなっていたのでしょうか。
書籍もKindleで購入したのでまた読んでみたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




Author

kj

kj

読書,マラソン,サッカー,音楽を愛する2児のパパです

Feedly

follow us in feedly


sponsored link

Twitter でフォロー