STAY FREE

自由になるためには…覚悟と実力が必要なんだと気付いたのさ

とにかく毎日かき続ける!【書評】「手帳ブログ」のススメ 日々の記録から成功を引き出すブログ術 – 大橋悦夫 –

time 2015/09/06

とにかく毎日かき続ける!【書評】「手帳ブログ」のススメ 日々の記録から成功を引き出すブログ術 – 大橋悦夫 –

またブログを書き始めたということもあり、積読本がかなりあるのですが、面白そうなブログ本を見つけてしまうとついポチっといってしまいます。

著者はシゴタノ!というサイトを運営されている方。

2006年に出版された本なので、少し古いです。
ただアフィリエイトなど技術的にどうこうと言った内容は皆無なので今読んでも全く問題はありません。

正直、ブログ本ってウェブ上のどこかからそれっぽい記事を抜粋してきて、それらを寄せ集めました的な、内容の薄いものが多い。

現在もシゴタノ!は続けて運営されているようで、著者もバリバリブログを書かれているようです。

それが何より本書に対しての信頼性の判断材料となるのではないでしょうか。

手帳ブログとは

文字の通り、手帳的にブログを書き続けることで多くの発見を手にする。

とにかくブログを書くことを習慣化して毎日書くことが大事。

4行日記

毎日無理なく手帳ブログを書くコツとして「4行日記」が紹介されています。

1行目【事実】その日にあったことや自分がやったことを書く(出来事を記録する)
2行目【気づき】その事実を通して気づいたことを書く(反省する)
3行目【教訓】その気づきから導きだされたことを教訓としてまとめる(次の行動の標を作る)
4行目【宣言】その教訓を活かして、できている自分の姿を描く(イメージを描く)

というように1日の出来事を4行に纏めるといったものですが、
もともとは以下の本からの引用のようです。

私のように小学生レベルの日記すら書くのも困難な人間にはこういうフレームワークやテンプレートは非常に有り難い。

こういうものは続く続かないはあまり深く考えずに、どうせ試すだけならタダなんだし手当たり次第やればいい、そしてハマればラッキーと思うくらいで丁度いい。というのが持論です。

手帳のように書く、ということで、読み手を意識した外向けのブログより、自分の内面に向けたブログを書いてる人、書きたい人向けの1冊です。

最後の章のまとめのひと言が本書の全てを言い表してます。

「ブログ」という手帳を通して、自分の中に発見を見いだす。

ま、ぶっちゃけ毎日ブログを書くつもりは毛頭ないのですが・・・貴重な時間を使って書くからには何かを得たいという気持ちは強いです。

sponsored link

down

コメントする




Author

kj

kj

読書,マラソン,サッカー,音楽を愛する2児のパパです

Feedly

follow us in feedly


sponsored link

Twitter でフォロー