STAY FREE

自由になるためには…覚悟と実力が必要なんだと気付いたのさ

本棚の10冊で自分を表現する(絵本編)

time 2015/09/30

本棚の10冊で自分を表現する(絵本編)

sponsored link

本棚の10冊で自分を表現する

Twitterの #本棚の10冊で自分を表現する のタグが面白かったので、私もやってみました。

・・・まずは絵本で(笑)
特にルールはないとのことなので、アリでしょう!

自慢じゃないですが、我が家にはかなりの量の絵本があります。
何故かというと奥さんの前職が保育士だったので結婚前からかなりの量の絵本を所持していました。
また、私が本好きなので子供達も本を読むようになって欲しいなという思いが強く、仕事帰りによく本屋さんに寄り道して買って帰ります。
(選ぶのがまた楽しいんですよね〜)

おかげで今のところ子供達も絵本が大好きでよく「読んでー」と本を持ってきて私の膝の上に座りにきます。
また、夜寝る前も必ず読み聞かせをしています。

そんな絵本の中から私が好きな10冊を選んでみました。
ど定番なものも何冊か入ってますが、やはり有名な絵本は有名なだけあって素晴らしいものが多いです。

うしろにいるのだあれ


まずは1冊目「うしろにいるのだあれ」です。
愛子様のお気に入りとしてでも有名ですよね。
(絵本ナビより)
シリーズもので他に「みずべのなかまたち」「うみのなかまたち」「のはらのなかまたち」があります。
うちには2冊ありますが、全部揃えたくなります。

だるまさんがシリーズ


2冊目は「だるまさんシリーズ」です。
うちにあるのは3点セットになっているやつで「だるまさんが〜」「だるまさんの〜」「だるまさんと〜」と「が・の・と」の言葉の使い方を学べます。
ちなみに「だるまさんの〜目」のところの目がギョロっとしてるだるまの絵が怖くて残念ながら息子は見れません(苦笑)
うちの息子はかなりのビビりなので普通の子は大丈夫だと思います。

きかんしゃトーマス キャラクターコレクション


3冊目は「きかんしゃトーマス キャラクターコレクション」です。
今息子が一番ハマってるのが機関車トーマスで、そのトーマスに出てくるキャラクターコレクションです。
テレビでトーマスを見て、この本で調べて、を繰り返してます。
1歳なのでキャラクターが多すぎたり、細かいことを書きすぎていたりするとちょっと難しくなってしまいます。
これはボリュームがちょうど良いんです。

どうぞのいす


4冊目は「どうぞのいす」です。
3歳の娘(お姉ちゃん)が、1歳の息子(弟)のものをすぐ取り上げたりする時期がありました。(今でもありますが・・・)
この絵本のように「どうぞ」という気持ちを覚えて欲しくて娘にプレゼントした本です。

はらぺこあおむし


5冊目は「はらぺこあおむし」です。
かなり有名な絵本なので、説明不要ですね。
男の子、女の子関係なく楽しめる超名作です。

ノンタンのたんじょうび


6冊目は「ノンタンのたんじょうび」です。
ノンタンの絵本は台詞も韻を踏んで頭に残るようになっていたり、凄く良く考えられています。
ノンタンシリーズは他にも何冊か持っていますが、コレが一番好きです。

なんのじゅうたい


7冊目は「なんのじゅうたい」です。
色んな乗り物が渋滞してて、その渋滞の先は・・・?
オチまでのもっていき方が好きでうまいなぁと思わせられます。
こういう最後に見せ場があるのが好みで、読んでる方も楽しいです。

クリスマスのおかいもの


8冊目は「クリスマスのおかいもの」です。
去年のクリスマスに買った絵本です。
本屋さんでクリスマスの絵本特集をやってて、確か2時間ほどかけて片っ端から立ち読みして選んだのがこの本です。
絵がめちゃくちゃカワイイんです。

でんしゃ・しんかんせん (はっけんずかん)


9冊目は「でんしゃ・しんかんせん(はっけんずかん)」です。
これは一番最近買った本で、本屋さんで見つけて衝動買いしました。
息子が大好きな電車の図鑑でペロッとめくると電車の中が見えたりするしかけ絵本です。
少し値段が高めですが、よく出来てます。

となりのトトロ


最後10冊目は「となりのトトロ!」
最後が超有名なアニメで申し訳ありませんが、やっぱり凄いですトトロ。
何が凄いってもう娘にせがまれて何十回見たか・・・っていうほどDVDを見せられました。
取り敢えずやることがなくなったら「トトロ見る〜」「トトロ見る〜」とせがまれては仕方なくDVD再生。

でもね、さんざん飽きるほど見たはずなのに見れちゃうんです。
この何百回(増えてる)もの視聴に耐えうるアニメや映画ってなかなかないですよ。

見るたびにやっぱり良くできてるなぁって感心してしまいます。

でもあまり長時間テレビを見る癖はつけさせたくないなと思って本を買いました。
本もめちゃくちゃ喜んでくれて、何度も読みました。
おかげでボロボロになりましたが、DVDで見る回数は減りました。

確かもう1冊薄めのトトロの本もあるのですが、断然こっちがオススメです!
映画と比べると少し飛び飛びになってしまいますが、ちゃんとストーリーが分かります。

ということで子供が好きかどうか、というよりも私が好きな絵本を選んでみました。(モチロン子供達も大好きです)

うちの子は2人とも喋り始めるのが早かったし、良く喋るのですが絵本をたくさん読んであげているお陰かな、と思っています。

それから実は効果があるのは子供だけじゃなくて、実は読んであげているお父さん、お母さんにも良い影響があるって知ってました?
ちゃんと感情を込めて、音読するのが脳にいい影響を与えるそうです。
めんどくさがらずに絵本読んであげましょう!

余談

あと少し話がそれるのですが、以前ソフトバンクの孫正義さんが「紙の本は三十年後にはほぼ100パーセントなくなる」とおっしゃってましたが、絵本も紙じゃなくなるのでしょうか?

私は絵本は絶対に紙じゃなきゃダメだと思います。
本の匂いや感触、ビリビリと破ったり散らかしたりしては大事に扱うように注意されて片付たり。
そういうのってもの凄く大事だと思います。

電子書籍の絵本はそれはそれであればいいと思いますが、絵本はやっぱり紙です。
どうか紙の絵本はなくなりませんように。

まだまだ紹介したい絵本がたくさんありますので、またの機会に紹介したいと思います。

sponsored link

down

コメントする




Author

kj

kj

読書,マラソン,サッカー,音楽を愛する2児のパパです

Feedly

follow us in feedly


sponsored link

Twitter でフォロー