STAY FREE

自由になるためには…覚悟と実力が必要なんだと気付いたのさ

【書評】本300%活用術(仕事力&人生力を磨く本の読み方・活かし方) – 日本能率協会マネジメントセンター –

time 2015/11/07

【書評】本300%活用術(仕事力&人生力を磨く本の読み方・活かし方) – 日本能率協会マネジメントセンター –

sponsored link

概要

本好きな人は思わずジャケ買い(タイトル買い)してしまいそうな1冊です。

・内容

本読みの達人5人が語る読書術紹介!本の選び方から整理の仕方、速読術、書斎のつくり方、書店・図書館・電子書籍の活用法までわかる。

・著者について

日本能率協会マネジメントセンター(ニホンノウリツキョウカイマネジメントセンター)
「能率手帳」に代表されるビジネスツール事業、ビジネス書・資格教材書の出版事業、通信教育をはじめとする教育事業を通じて、企業の「人づくり」を支援している。

(Amazonより引用)

ポイント

本の買い方から読み方、選び方、読書グッズなどなど本に関するありとあらゆることが載ってます。
その中からコレはと思った箇所をいくつか抜粋。

目的読書が人生を変える

目的を分けて本を選ぶと読みたい本読むべき本が見つかる。
本書では読書の目的を大きく3つに分けている。

①娯楽読書
好きな本を好きなときに好きなように読み、楽しむことが目的の読書。

②情報読書
広く情報を得るための読書。新しい情報への感度を磨くとともに、教養の基礎を築く。多種多様な情報を効率的に獲得することが目的。

③テーマ読書
あるテーマについて理解を深めるための読書。
マーケティングについて知りたい、営業力を高めたいなど、自分で読書のテーマを決め、そのテーマの理解を深めることが目的。

適当に面白そうな本を入手して手当たり次第読むのではなく、まずその読書はこれら3つのうちのどれにあたるのか、
読む前に目的を持つことが大事。

計画的に読む ①年単位 ②月単位 ③1日単位

●実行計画を立てる
計画的に読書をする方法はいくつかある。たとえば、「今年は100冊読む」といった読書目標を決めて、その実行計画を立てる。100冊の半分は「情報読書」、半分は「テーマ読書」にあて、月ごとに読書テーマを決めて本をピックアップするといった具合だ。

漠然とあれもこれも勉強したい、それらに関する本を読みたいと購入してつまみ読みしててもなかなか身につかない。
この月は集中してこれを勉強すると決めた方が最終的には早く身につくと思う。

私の場合、関心キーワードは「論理思考」「投資・お金」「時事」「育児」「ホームページ・ブログ」「文書術」といったところかな。
これらを本書の月間実行計画(例)を参考に計画を立ててみよう。
(実行計画記入例の図が分かりやすいのですが、図なので残念ながら乗せれません)

感想

読めば読むほど読書欲は高まるばかり。
雑誌などでも読書特集とかやってたら思わず買ってしまいます。

まぁこの手の本はいろいろ載せられている中から一つでも使えそうなノウハウが見つかればそれでOKだと思ってます。

前半に「達人に聞く!」という章があり、著名な方々の本の読み方やオススメ本が掲載されているのですが、こういうの好きなのでもっとたくさん載せて欲しかった。

本の読み方って本当に人それぞれなので(例えば速読に関して)、
こういう本を読んで、いろいろ試行錯誤して自分なりのやり方を見つけていくしかないんですよね。

あらゆる良書を読むことは、
過去の最良の人物たちと会話することだ。

ルネ・デカルト

(本書見開きより)

sponsored link

コメント

down

コメントする




Author

kj

kj

読書,マラソン,サッカー,音楽を愛する2児のパパです

Feedly

follow us in feedly


sponsored link

Twitter でフォロー