STAY FREE

自由になるためには…覚悟と実力が必要なんだと気付いたのさ

それ違法ですよ!【読書】給与明細で騙されるな サラリーマンのための「働くルール」入門 – 北村庄吾 –

time 2015/12/04

それ違法ですよ!【読書】給与明細で騙されるな サラリーマンのための「働くルール」入門 – 北村庄吾  –

概要

残業代不払い、多すぎる引き去り額…あなたは「損」をしていませんか。給与明細を「ポイ捨て」してはいけません。給与明細は「情報」の宝庫です。その仕組みを知れば、会社に騙されないための正しい知識を身につけることができます。「土曜日に出勤したのに休日出勤にならないのはなぜ?」「残業代が少なすぎる気がするのですが」…これ1冊で万全の自己防衛ができます。サラリーマン必読。

(Amazonより引用)

ポイント

有給休暇について

利用目的は働く側の「完全な自由」
また、取得した有給休暇をどのように使うかは社員の自由です。有給休暇の利用目的によって、その取得を拒否することは違法です。

違法残業が後を絶たない

皆さんの会社で、残業時間に関して15分単位で「まるめ」たり、残業時間の上限を設けているケースはないでしょうか。
「15分単位のまるめ」とは、例えば、18時が終業時刻の会社で18時7分にタイムカードを打刻した場合は「残業なし」で、18時18分に打刻した場合は15分の残業とするなど15分単位で残業時間を管理しているようなケースです。基本的に、このように労働時間を「まるめ」る行為は違法です。

また、残業時間に上限制を設けて、それ以上働いた場合に残業代を払わないのも違法です。当たり前のことですが、残業代は実際に働いた時間分を支払わなければならないからです。

裁量労働制とは何か

例えば「プログラマー」の仕事を想像してみてください。
プログラマーは、自分の頭の中で自由に想像を働かせてプログラムを考える職業です。
このような仕事は、上司から具体的に仕事の進め方の支持を受ける問いう労働スタイルは似合いません。
それよりも、時間の使い方や仕事の進め方などは自分で決め、自分のやり方で仕事を完成していった方がはかどります。
働く方も働かせる方も、そのほうがメリットを得ることができるのです。

裁量労働制は、こういった一定の職種について、働く人に時間配分や業務の遂行手段などに関して自分で決める制度です。

失業保険がもらえる日数

失業保険は、自己都合で辞めた場合と、会社の倒産やリストラなどで辞めた場合とでもらえる日数が違ってきます。

私の年齢、働いた期間だと
・自己都合で辞めた場合
120日

・解雇や会社倒産で辞めた場合
240日

とかなり違いますね。

年末調整の意味

所得税は1月から12月までの1年間の所得に課せられる税金で、すべての支給が終わらないと年間の正確な税金の額は確定しません。そこで、その年の最終給与または賞与が支払われた後に、それまで「見込み」で納付していた所得税と実際の税額との清算手続きを行います。

感想

とても勉強になった。
さすがにうちの会社に限って、と疑ったことすらありませんでした。

しかし本書によると(故意かどうかはさておき)残業代なんかはかなりの間違いがあるらしい。

「15分まるめ」が違法だということも知らなくてちょっとびっくり。
やってるところは多いのでは?

あと「裁量労働制を採用した場合は残業命令は出せない」というのも知らなかった。

みなし残業についても残業時間がみなし残業時間以上でも以下でも同じだと思ってました。

「月のみなし残業が20時間」だとして、もし月の残業時間が20時間を超えた場合にはその超えた時間に応じた残業代は別途支払う必要があるんですよ!

ちゃんと払えよー!

自分の身は自分で守るためにもサラリーマンは必読。

<再度レベル>
★★★★

sponsored link

コメント

down

コメントする




Author

kj

kj

読書,マラソン,サッカー,音楽を愛する2児のパパです

Feedly

follow us in feedly


sponsored link

Twitter でフォロー