STAY FREE

自由になるためには…覚悟と実力が必要なんだと気付いたのさ

【読書】プロの学び力 最速で身につく&稼ぎにつながる – 清水久三子 –

time 2016/03/15

【読書】プロの学び力  最速で身につく&稼ぎにつながる – 清水久三子 –

sponsored link

概要

コンサルタントは常人の5倍速でスキルや知識を修得しないとプロとして通用しない。
1000人以上のコンサルタントに指導してきたカリスマインストラクターが明かす超学習メソッド!

(Amazonより引用)

ポイント

学生の勉強とビジネスパーソンの勉強の違い

ビジネスパーソンにとって、学ぶことは目的ではなく、「稼ぐため」「なりたい自分になるため」の手段です。
言い換えれば、学びによって得られた知識・スキルを仕事や人生に役立てることが目的です。
そしてその目的は、誰かや会社が設定してくれるわけではありません。自分で設定する必要があります。
ここが学生とビジネスパーソンの大きな違いです。
ビジネスパーソンは必要がなければ、「勉強をしない」という選択肢をとることも可能なのです。

人間は楽な方に流れたがるものなので、生半可な決意では、すぐに「勉強をしない」という選択肢のほうに傾いてしまいます。
「なぜ学ぶのか」をしっかり自問自答し、「学びから得た知識・スキルを将来どうアウトプットするのか」まで考えておかなければ、「稼ぎにつながる学び」にはなりえないのです。

学びを成功させるコツ① キャリアマネジメントと直結させる

■目標のない学習が成功する道理がない
一つ目のコツは、「学びはキャリアマネジメントと直結させる」ということです。
本書は、キャリアの構築について述べる本ではありませんが、この点を突き詰めて考えておかないと、アダルトラーニングは成功しないと言っても過言ではありません。
(中略)
単なる一般教養としてではなくビジネスに役立てるために学び、バリューを出したいのであれば、まず、「何のために学ぶのか」「どんな自分になりたいのか」を明確にして「私はこういう仕事をして、こういう風になりたい」というキャリアビジョンを描きましょう。
そこから逆算して、学ぶべき知識やスキルを決定するのです。

学びの基本は短期決戦

学習には「ラーニングカーブ」というものがあります。
学習量を横軸、学習効果を縦軸とした場合、常になだらかな右肩上がりの線を描くわけではありません。
「しばらくはジリジリと低空飛行を続け、ある一点を超えると一気にググッと上昇カーブを描く。その後また低空飛行に入り、どこかの一点でまた上昇カーブに・・・」といった繰り返し。
これは、「土台が身につくと、その後の吸収力や理解力が一気に向上する」ことの現れです。
どんな領域の勉強にも当てはまることでしょう。
この「ある一点」をいかに早く迎えるかが、全体を通して効率よく学習するポイントになります。
たとえ生涯をかけての学習テーマだとしても、最初の数週間〜数ヶ月の詰め込みが、その後の人生に大きく影響を与えるのです。

感想

この手の勉強術系の本は実際に書かれてあることを実践して、勉強に活かせたかどうかが全てである。
ただ読んだだけで終わってしまっては何の意味も無い。

現時点では取り敢えず読み終わった時点での判断しかできないが、今後の勉強に大いに役に立ちそうだ。

本書で紹介されている学習メソッド
「情報マップ」「学習ロードマップ」「ラーニングジャーナル(学習ブログ)」「L&L」はかなり参考になった。
早速これからの勉強に取り入れたい。

正直、いきなりキャリアの話からはいるとは思わなかった。
しかし、わたし自身、社会人になってから英語の学習を始め、10万円近くもする高い教材も買ったけど結局続かず「まぁ、今の仕事に関係ないしな・・」となおざりにしたまま結局やらなくなってしまった、という苦い経験をしている。

わたしを含め、大半の人間は「やらなくても良い理由」を探すのが得意なのだ。
だから勉強を始める前に、「何のために学ぶのか」「どんな自分になりたいのか」を明確にする必要がある、というのは本当にその通りだと思う。
続かないのは学ぶ理由、目的・目標が明確になってないのが原因だ。

学びの基本は短期決戦というのは齋藤孝氏も同じことを言っていた。
2週間集中してこれだけを勉強する、というのを決めて徹底的にそれをやる、といった感じだったと思う。

ちょっと思うところがあり、少し前から簿記の勉強を始めたので、一度二週間簿記の勉強だけをひたすらやってみる、というのも良いかもしれない。

全体的にすごく分かり易く、大体勉強術や読書術など○○術系の本はその本の中でひとつでも実践できて役にたつものが見つかれば良いと思っている。
しかし本書で紹介されている学習メソッドは全て「これは役に立ちそう」と思えるものばかりだった。

今後、実際の勉強と並行して、本書を読み返し「学び方」をチェックしながらプロの学び力を身につけたい。
(なぜか分からないけど、現在はKindle版のみ販売されてる模様・・)

<再読レベル>
★★★★

読書メモ:
「何のために学ぶのか」「どんな自分になりたいのか」を常に意識しておく
2週間短期集中勉強をやる(簿記)

sponsored link

down

コメントする




Author

kj

kj

読書,マラソン,サッカー,音楽を愛する2児のパパです

Feedly

follow us in feedly


sponsored link

Twitter でフォロー